技術情報TECHNOLOGY INFORMATION

ホーム > 技術情報 > 調査・診断 > コンクリートの 調査・診断

コンクリートの 調査・診断調査・診断
INQUEST / DIAGNOSTICATION

1.鉄筋・空洞調査

高性能探査装置(ストラクチャスキャン)を使用して鉄筋・空洞・埋設管などの有無とその深度を確認できます。国土交通省「非破壊試験によるコンクリート構造物中の配筋状態及びかぶり測定要領(案)」に準じた調査が可能です。
使用機器:ストラクチャスキャン SIR-EZ(GSSI社製)


2.超音波試験による強度推定

この試験はコンクリートの音速から強度を推定できる非破壊試験です。国土交通省「微破壊・非破壊試験によるコンクリート構造物の強度測定要領(案)」の超音波試験(土研法)に対応しています。
使用機器:エルソニック ESI/P-10(エルメス社製)

3.ボス供試体による圧縮強度試験

コンクリート構造物と同時に打ち込んで一体成形されたボス供試体により、圧縮強度を確認する方法です。
* 国土交通省『微破壊・非破壊試験によるコンクリー ト構造物の強度測定要領(案)』に準拠しています。

コンクリートの温度・温度応力解析

マスコンクリートの水和発熱などによる熱伝導計算から応力計算までを一貫してシミュレーションするものです(ひび割れ指数も計算できます)。
コンクリート構造物施工時の各種条件に柔軟に対応でき、水和発熱、養生条件、外気温などの変動を考慮した三次元解析が可能です。また、各種コンクリート、養生方法(脱型、散水など)を考慮する事も可能です。
使用ソフト:Astea-Macs

  • 調査・診断業務はこちらから 06-6772-8112